1.  > 

接骨院の現状

接骨院は現状、飽和状態で患者の取り合いになっています。
生き残りが難しくなった現在、できるだけ患者さんの施術費用を安くするため保険診療で処理できるように施術を行っている接骨院も増えています。
ただ、保険診療が多くなると保険診療の不正請求などの問題が出てきています。
このことから、保険診療はこれからますます厳しくなることが予想されるため、接骨院の生き残り競争も激しくなり生き残りをかけて施策、つまり自費散治療のみで生き残る必要があります。
保険診療を扱わず自費治療のみで生き残るにはやはり地域のお客様を大切にしてサービス向上の他に技術力を認知してもらうことや他の接骨院との差別化が重要なポイントになってきます。

広告
Menu
ページTOPへ